スポンサードリンク

駐車場探しって意外と難しくて、

家を借りたときの管理会社が近くに持ってればイイんですけど、

そうもいかなかったので、友人の不動産屋さんに相談しました。

 

あまり言いたくないんだけど、、

 

と最初は言ってましたが友人だからと色々教えてくれました。

 

 

少しなら記事にしてもいいということなので、

書いてくれたことを少し加筆修正してみました!

 

駐車場を借りたい人、作りたい人、経営したい人向けの記事です。

 

どうぞ。

 

 

 

月極駐車場を借りたい!

park

 

 

やっぱりできるだけ安く借りたいと思うじゃないですか?

 

そこで不動産屋の友人から聞いた情報としては、

 

「借りたいエリアの駐車場を歩いて見て回るのが一番!」

 

ということでした。

 

できるだけ管理会社に直接電話をするのがいいみたいです。

 

まぁでも片っ端から電話をかけていくのは大変ですよね。

 

 

そういう時はネットで検索ですね。

 

月極駐車場を検索する方法は、駐車場に特化した契約サイトや

駐車場を経営している会社のホームページから検索をすることが比較的簡単です。

 

駐車場を経営している会社で大手の会社はありますので、まずはそちらから探してみましょう。

 

それでも希望の場所がない場合は、地元の不動産会社のホームページや、探したい地域で駐車場が検索できるサイトから探していきましょう。

 

 

 

相場の調べ方は、地道に比較をしていくというのが結局のところ確かですが、

比較をしたい地域の料金を複数のサイトで調べていると、大体の相場が分かってきます。

 

 

 

契約の仕方はとても簡単で、印鑑、身分証明書、前金の駐車場代をそれぞれ用意をしておくことです。

 

さらに、駐車場代には消費税が別途かかることが多いことから、その分の料金も用意したいですね。

 

 

 

自宅に駐車場を作りたい!

自宅に駐車場を作りたい場合は、まず最初にどこに作るかを考えることから始まります。

 

出し入れはしやすいのか、玄関を出て便利に車に乗れるのかなどを考えて場所を決めます。

 

おおよその場所を決めたら、どの位の寸法を駐車場として作るのかを決めます。

 

乗っている車種によって駐車場の大きさは変わってくるのですが、ある程度余裕を持って作りたいですね。

 

ちなみにプリウスの場合は、全長が約4.5メートル、幅が約1.8メートルとなっています。

 

この基準でいけば、全長6メートル、幅が3メートルほどあれば駐車スペースとしては十分だと言えます。

 

 

軽自動車の場合はさらに少ない寸法でかまわないのですが、大きい車に買い替えることを考えると余裕をもった寸法にしておきたいところです。

 

 

自宅に駐車場を作る場合は届け出はいらないのですが、その場所に駐車をすることになると、新たに車庫証明書の申請をしなくてはなりません。

スポンサードリンク

 

車庫証明書は、管轄の警察署に申請するようになります。

 

 

せっかく作った駐車場にはかっこいい車止めを置きましょう!

 

ここなら安くて送料も無料!

 

ホームセンターとかでも買えますが

ゴム製のばっかりであまりかっこいいの売ってないんですよ。

 

しかも重いので持って帰ってくるの大変。

 

高級御影石でこの値段なので私は祖父にプレゼントしました。

 

 

 

駐車場の経営をしたい!

駐車場経営のメリットは、マンションなどの建物を建てるより最初の投資が少なくても始められるということ。

 

土地を取得して舗装をするだけで成り立つので、手間も少ないと言えるかもしれません。

 

マンションなどと違い駅から遠くてもニーズが見込めるのもイイですね。

 

 

駐車場経営のデメリットは、税制面。

 

駐車場経営をすると、毎年税金がかかってきます。

 

税金は固定資産税と都市計画税が必要で、駐車場が面積によって税金が高くなります。

 

これ以外にも税制面での優遇が少ないことも考慮しましょう。

 

関連記事:『自動車保険選びに迷った方はコチラ!5社の特徴まとめ』

 

 

 

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容


商品一覧