スポンサードリンク

オンラインストレージってなに使ってますか?

私自身いろいろ使ったんですが、OneDriveはかなり便利だと思ったので、紹介します。

他のを使っている方も一回使ってみる価値はあると思いますよ!

 

ではどうぞ!

 

 

OneDriveの特徴、魅力

OneDriveはMicrosoft(マイクロソフト)社の提供しているオンラインストレージです。

オンラインストレージとは

オンラインストレージ(英: online storage)、クラウドストレージ(英: cloud storage)、ファイル・ホスティング(英: file hosting)とは、ユーザーに貸し出したサーバーマシンのディスクスペースにファイルをアップロードすることでインターネット上でファイルを共有するサービスである。
※Wikipedeiaより引用

とはいえただのオンラインストレージではなく、パソコンから特定のフォルダにファイルを保存するだけで、自動的にオンラインにアップロードしてくれて、かつ他のパソコンにも自動でダウンロードしてくれる便利な機能を持っています。

また、パソコンだけでなくAndroidやiPhoneといったスマートフォンなどでも使用することができるようにアプリが公開されています。

パソコンやスマートフォンといった端末が増えて、ファイルをどこに保存したか困ったことはないですか?

出先で家にあるファイルが欲しいと思ったことはないですか?

OneDriveを使えば、すべての端末で同じファイルを共有することができます。

しかも、それらはアップロードやダウンロードを意識することなく共有できるのです。

使えばきっと、OneDriveなしにはいられなくなると思いますよ!

 

 

OneDriveの始め方、使い方

OneDriveを使うために必要なものはOneDriveアプリMicrosoftアカウントの二つです。

OneDriveはWindows8.1,もしくはWindows10を利用している場合には標準でインストールされています。

Windows7やWindows8を利用している場合には、専用ソフトがダウンロードできるので、インストールしておきましょう。

Microsoftアカウントは、Microsoftのサイトから作成することができます。

 

ちなみにWindows8以降ではパソコンのログイン用で使われるようになっているため、もう持っている方は登録不要です。

OneDriveを起動すると、Microsoftアカウントを入力する画面が出てきます。

次にパスワードを入力すれば、インストールは完了です!

マイドキュメント内にOneDriveフォルダができているはずです。

これで同じMicrosoftアカウントを利用した異なるパソコンで、同じファイルが自動的に共有されることになります。

 

利用可能な残り容量を確認したいときは、まずブラウザでOneDriveにログインします。

右上にあるログインをクリックしMicrosoftアカウントを入力すると、自分専用のOneDrive画面に切り替わります。

左下を見てみると、「空き容量」の文字が確認できるはずです。

容量が足りなければ、すぐ下にある「ディスク容量を追加する」をクリックすれば、容量の大きいプランへ変更することもできます。

 

 

OneDriveの便利な使い方!

何といっても写真の共有は便利です!

スマートフォンで撮影した画像は自動でOneDriveに保存されており、パソコンを開けばスマートフォンの画像をパソコンで見ることができます。またその逆に、デジタルカメラで撮影しSDカードに保存してある画像をパソコンで取り込んだ場合にも、自動でスマートフォンに転送されます。

設定により写真は自動的にリサイズされるため、容量を気にすることなく保存することができるのも、ユーザーの利便性がよく考えられているなと思います。

 

ちなみに我が家では家計簿を共有しています。

スポンサードリンク

家計簿はExcelで作成したものを利用していますが、Excelのオンラインテンプレート機能を使えば色々な家計簿が用意されているので、その中から選ぶだけで大丈夫です。

出先で購入したものはその場でAndroidのExcelアプリを使って入力しています。

買ったらすぐに入力できるので、移動中の電車の中などで入力すれば忘れることもなく、家族で共有できるので家計の管理にとても役立っています。

 

OneDrive ダウンロードはコチラ

Microsoftのアカウント作成したい方はコチラ

 

 

家のバックアップは容量の大きいHDDでしょ!

内蔵ハードディスクには、静音性の高さと省電力に優れるドライブだけを使用しています。
低回転のドライブのみを使用することで平均約4~5ワットの省エネを実現しました。
更に静音性と排熱性にこだわったハードディスクケースが組み合わさることで、外付けハードディスクの不満点にあがる、「気になる音」「高い温度」を最小限に抑えています。
クールで静かな動作、そして高いパフォーマンスで一歩先行きく快適さをご提供致します。
※リンク先ページより引用

うちはこれにしました。

 

 

 


コメントを書く







コメント内容


商品一覧