スポンサードリンク

「ホームページって今こんなに簡単に作れるんですね。」

と思わず言ったサービスをこのページでは紹介しますね。

 

ちなみに『Jimdo(ジンドゥー)』っていいます。

 

友人がお店を出すので準備が大変だー!と言っていて、話を聞くと開店準備以外にもホームページの作成も自分でやってるというのだ。

 

そりゃ大変だよ!そんなのやったことないでしょ?って言ったら、このJimdoを使ってやったら初心者でも簡単にできたんだよって言ってました。

 

「本当はプロに頼みたいけど、それは店がうまくいったときでいいかな!」

って言ってました。

 

いやでも素人目にはもはやプロがやったんじゃないかくらいの出来でしたけどね。

ということで、興味が出たので調べてみました!

 

 

Jimdoの魅力と使い方

jimdo

 

Jimdoは無料で始めることができるオンラインホームページ作成サイトです。

これまでのホームページ作成サイトは簡単に作成できるといっても最終的な調整にはHTMLやデザイン、画像編集の高度な知識が必要でした。

Jimdoはこれをできるだけ直感的に触れるようにした作成サイトなのです。

元々作成されたのはドイツですが、日本国内で運営しているのはKDDIウェブコミュニケーションズで、完全に日本語されているので安心して利用できます。

初めてホームページを作りたい初心者の方もだいじょうぶ!

作り方はまず公式サイトへアクセスします。右上に「登録する」のボタンがありますのでこちらからまずレイアウトを決めます。

その後メールアドレスとパスワードを設定する画面になりますので、こちらを入力し、切呈したメールアドレスに届いた認証用のアドレスにアクセスすればすぐに作成が開始できます。

2回目からは公式サイトの右上にある「ログイン」からアクセスできます。

ちょっとした文章の修正から新しいページの作成まで、見たまま配置を指定していくだけでどんどん作成することができます。

 

 

Jimdoメールについて

JimdoはJimdoProJimdoBusinessという有料プランを契約すれば、独自ドメインを利用することもできます。

独自ドメインでショップサイトなどを運用していると必要になってくるのが問い合わせなどに利用する専用のメールアドレスです。

JimdoではJimdoメールというサービスを用意しています。

こちらの使い方も公式サイトからアクセスし、まずはログインします。

基本設定の中にあるメールアカウントページからメールの取得画面を開きます。

後は画面の指示に従って、メールアドレスやパスワードを設定するだけです。

この方法で作成したメールアドレスはメールソフトでも送受信できますが、Gmailなどのようにウェブ上で使用することもできます。

ウェブで使いたい場合には専用のログイン画面がありますので、そちらから作成したメールアドレスとパスワードでログインします。Jimdoに登録しているウェブ編集用のメールアドレスではないのでご注意下さい。

 

 

Jimdoならブログもおしゃれに!

簡単にブログを作ろうとするとこれまでは外部のフリーサービスを利用することとなり、独自ドメインでの運用が難しい側面があるだけでなく、デザインも統一させることができないケースが多々ありました。

スポンサードリンク

Jimdoは基本機能の中にブログの作成機能も用意されていますので、通常見てもらうホームページのデザインとドメインをそのままブログでも利用することが可能です。

ブログだけデザインが違うと見ている人はそこで分断されたように感じてしまい、結果として、閲覧数の減少などにつながってしまいますが、同じデザイン・同じアドレスでブログを作れば、通常のページとブログを簡単に行き来できるようになり、より多くのページを閲覧してもらうことができるのが最大の魅力です。

ブログの作成は通常通りJimdoにログインして設定メニューからブログの利用を開始するだけです。

デザインは基本的に既に設定したものが流用されますので、難しいことをしなくてもすぐに利用を開始することができます。

記事の作成も通常のページ作成と同じようにできますので、別途操作を覚える必要もありません。

Jimdoの公式HPはこちらからどうぞ

 

 

 

HPの写真だけは自分で綺麗なの撮りたいですよね?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M3 【ss06】
価格:67530円(税込、送料無料) (2017/6/21時点)

これが最高におすすめです。

このRXシリーズ、普通は新機種が出ると古い機種はなくなるんですが、そのまま販売するくらいに全部いいんですが、3以降はレンズが特に明るくていいです。

値段のバランス考えると3がおすすめです。

意気込んで一眼のセット買うよりよっぽど簡単に綺麗な写真が撮れます。

 

 

 


コメントを書く







コメント内容


商品一覧