スポンサードリンク

ゆうちょ口座もみずほ銀行の口座も持っているけど、
『ジャパンネット銀行』の口座を作ってからは、これがメインになりました。

 

使い勝手がとにかくいいんですよ。

 

「ヤフオク!」もヘビーユーザーなので、さらに使用頻度があがっています

 

この後に説明しますが、
「自分のお金を出し入れするのになんでお金がかかるんだ!」

とか

「記帳に頻繁に行くのめんどくさい!」

って思ってる方には本当にオススメします。

 

ジャパンネット銀行とは

近年、ネットバンクといえば都市銀行でも取り扱っていますが、
ネットバンクの先駆けとなったのは『ジャパンネット銀行』です。

 

『ジャパンネット銀行』の大きな特徴は店舗を持っていないということです。

 

店舗を持っていないから運営状況が心配!という方も多いかと思いますが、
『ジャパンネット銀行』は三井住友銀行と富士通などの日本の大手都市銀行と企業が
合同出資して設立された日本で最初のネットバンクです。

 

普通の銀行と同じく、預金の保護もありますので運営についてはしっかりとした基盤をもったネットバンクです。

 

ジャパンネット銀行は店舗も独自のATMも持っていませんが、
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの
コンビニATMにはほとんど対応しています!

 

もちろんゆうちょ銀行ATMからでも利用することができます。

 

セキュリテイ面も振込みなどはワンタイムパスワード(その1回だけのパスワード)を
独自の「トークン(ワンタイムパスワード発行機)」で
発行しなければ送金ができないようになっているので安心です。

 

ジャパンネット銀行のいいところ

『ジャパンネット銀行』は日本で一番最初にできたネットバンクのひとつです。

他の都市銀行に比べると、
預金残高によって手数料無料回数が決まる、ポイントが貯まるなどの制度はありません。

 

しかし、不要なサービスを削っている分、いろいろな手数料が安いのが魅力です!

 

《ATMから入出金を行う場合》
だいたいのコンビニATMに対応していて、ゆうちょのATMもOK!

 

月の最初の1回は入出金の手数料が無料になるので、預金残高を気にする必要もなし!
しかも1回の取引金額が3万円以上であれば手数料はかからない!

 

これって結構すごいことじゃないですか?銀行の入出金の手数料ってバカになんないんですよね。

 

持ってる口座の銀行のATMだったらタダになることも多いけど、ATMの数がやっぱり十分にはない。
でもコンビニだったらそこらじゅうにあるので、3万円っていうのを忘れないように入出金をすればずっとタダなんですよ。

 

これどこのATMかな?って気にしなくて良いから本当にストレスフリー。

 

「ヤフオク!」などで利用する際は振り込み手数料も無料になるため、
『ジャパンネット銀行』に口座をひとつもっておくと、ネットでのお買い物が非常にスムーズにお得になります!

 

また、履歴の照会も非常に便利で、なんと5年前の取引明細も確認可能!

そもそも記帳という概念がありません。

データとして出力もできるし、会計ソフトとのリンクなんかも非常に簡単です!

 

 

 

口座を開設するにも簡単で、

普通、銀行に口座をつくるときは印鑑や身分証明書などを用意して、
直接店舗に行く必要がありますが、

『ジャパンネット銀行』は
口座を作りたいと思ったら、その日のいつでも口座申込をすることができます。

スポンサードリンク

 

『口座開設方法』

『ジャパンネット銀行』は店舗を持たないネットだけの銀行です。

 

なのでもちろん口座を開設するのもネット経由になります。

 

基本的には『ジャパンネット銀行』のホームページから口座開設申し込みから、
必要事項を記入したあと、書類が届くのを待ち、
それを返信してからパスワードとトークンが届いて利用できるようになります。

 

ですが、この方法だと口座開設までに最低でも2週間はかかってしまいます。

 

そこでおすすめなのがスマホのアプリを使っての口座開設です。

 

iPhone用もAndroid用もアプリが用意されていますので、機種によって利用できないという心配はありません。

 

まず『口座開設アプリ』をダウンロードします。

JNB

 

ダウンロードし終わったら、「普通口座申し込み」をタップし、次に免許証を撮影して送信します。

 

JNB2

 

 

これだけで後日、ジャパンネット銀行から簡易書留でキャッシュカードとトークン、
ログインパスワードが送られてきます。

 

この場合だと最短で一週間以内に口座を開設することができます。

 

ホームページから申し込んだ場合は書類送信アプリを使い、
運転免許証か保険証をアプリで撮影し、送信するだけで口座を開設することができます。

 

口座はネットからログインして確認できる他、
専用の『残高確認アプリ』を使うことでも確認することができます。

 

本当に便利なのでセカンド口座にいかがでしょうか?

 

 

新しく口座をつくるならハンコにもこだわってみませんか?

せっかく口座をつくるなら良いハンコを作ってからの方がいいですよ!

“どの印鑑かわからなくなった”あるあるを防ぎます。




高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM
ネット通販でオリジナル印鑑実印をご提供致します。

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容


商品一覧