今回は転職サイトについて書いていきます!

 

いろいろありすぎてどれに登録すればいいんだろう?と悩んでる人必見です!

 

まずはよく耳にする「有名なサイト3社の比較」

そのつぎに「女性や年齢が気になる方向けのサイト」

最後に「職種別のオススメ」を書いていきます。

 

 

 

有名就職サイト3社の比較

70816322a3b3c4b70f6e2d1aed240742_s

 

「はたらいく」「リクナビ」「マイナビ」はいずれも就職情報サイトです。

 

リクナビ・マイナビにはそれぞれ新卒向け・転職者向けのサイトがありますが、
今回は転職サイト向け「リクナビNEXT」「マイナビ転職」についてご紹介できればと思います。

 

 

『はたらいく』について

「はたらいく」は、リクナビと同じリクルートが運営する就職サイト。リクナビとは違い、ブルーカラーよりの職種の就職情報が多く掲載されています。

 

ブルーカラーとは、作業着の色から取られた表現で、いわゆる生産系の仕事になります。

具体的には、工事現場の現場監督とか工場の生産管理だったりとかですね。

 

あと、これは裏話なのですが、広告の掲載料がリクナビNEXTより安価なため、採用予算が少ない企業が掲載しやすいという特徴もあります。

 

全国規模の大企業よりも、地域に根付いた中小企業が多く見つかります。

『はたらいく』へはコチラからどうぞ

 

 

『リクナビNEXT』について

「リクナビNEXT」は転職サイトの老舗であって、歴史も長く、求人数も最も多いといえます。

 

転職サイトとしては外せない存在です。

 

「はたらいく」がブルーカラーよりというお話をしましたが、「リクナビNEXT」はブルーカラーの職種を含め幅広くカバーされています。

『リクナビNEXT』へはコチラからどうぞ

 

 

『マイナビ転職』について

「マイナビ転職」は、「リクナビNEXT」の2番煎じとしてできた後発のサイトですが、現在では求人数・規模共に「リクナビNEXT」に引けをとらないくらい成長しています。

 

独自の求人情報もあるため、リクナビと併せて登録されることをおすすめします。

 

また、「マイナビ転職」の利点として、検索機能が使いやすい、という点があります。

 

使いやすさはNo.1といえるでしょう。

『マイナビ転職』へはコチラからどうぞ

 

 

女性にオススメなサイト!

女性の方は、女性に特化したサイトを利用してみるのも手。

 

女性向けのサイトで特に有名なのは2種類。

  • 女の転職@Type
  • とらばーゆ

女性向けの求人の代表として、アパレル会社の販売員や、エステサロンのエステティシャンなどの仕事が多くあります。

ただ、派遣会社などの登録案件も多く、注意は必要です。

 

女性向けのサイトは、そういった仕事を探すのには非常に便利なサイトですが、
一般事務等の人気の職種などは競争率も高く、これらのサイトだけではなかなか厳しい面もあるので、
リクナビ等の一般サイトも併用されることをおすすめします。

 

 

『女の転職@Type』について

こちらは、インテリジェンスが運営する転職サイト「@Type」の女性版です。

 

「@Type」は、エンジニア等の理系のお仕事情報が多いサイトですが、「女の転職@Type」に関しては、そんなことはありません。

 

ただ、「@Type」「女の転職@Type」に関しては、3職種セットで販売されていることもあり、求人数は多いのですが、実は同じ会社の似たような仕事…なんてこともあり、思ったほど求人数が多くない、ということもあります。

『女の転職@Type』へはコチラからどうぞ

 

 

『とらばーゆ』について

こちらは、「リクナビNEXT」「はたらいく」と同様、リクルートが運営する女性向けの転職サイトです。

 

母体がリクルートなだけあって、大手の一般事務などもたまにでてきますよ。

『とらばーゆ』へはコチラからどうぞ

 

 

年齢が気になる方にオススメなサイト!

30代中盤以降になってくると、未経験での転職は難しくなります。

 

今までの経験を活かして、さらなるキャリアアップをしたい…そんな方は、通常は紹介会社を利用することをおすすめします。

 

しかし、転職サイトでも、そういった「エグゼクティブ求人」に特化したものがあります。

 

今回はその中で「ビズリーチ」という転職サイトをご紹介。

 

『ビズリーチ』について

こちらは、会員制の転職サイト。

 

「国内最大級のエグゼクティブ求人サイト」とうたっているだけあって、管理職や役員クラスの求人、年収1000万円クラスの就職情報がごろごろあります。

 

この分野では確かに唯一無二の存在といえるでしょう。

 

 

 

職種特化サイト5選!

職種に特化したサイトを厳選してご紹介します!

 

●看護師『マイナビ看護師』

「マイナビ転職」を運営するマイナビが運営する看護師求人情報に特化したサイト。

 

実は昔からマイナビは、医療には強い、と言われていて、マイナビ看護師・薬剤師は圧倒的な求人数を誇ります。

 

看護師業界に関しては、看護学生のころからサポートをはじめることにより、質の高い転職者を抱えていることが企業からも評価を受け、多数の求人掲載につながっているといえます。

『マイナビ看護師』へはコチラからどうぞ

 

 

●薬剤師『マイナビ薬剤師』

上記で紹介した看護師と同様、この分野ではマイナビが運営する「マイナビ薬剤師」は欠かせません。

 

看護師もそうですが、求人媒体としての機能に加え、キャリアコンサルタントによる紹介会社の機能も併せもっており、非常に充実したサポートが受けられそうです。

『マイナビ薬剤師』へはコチラからどうぞ

 

 

●IT系『Green』

IT,Webに最も強いといわれているのが転職サイト「Green」です。

 

しかも、新進気鋭のベンチャー企業の求人が多く(Green自体がベンチャー企業でもある)、勢いのある若者を採用したいという企業がたくさん。

 

ベンチャー企業でのSEやWebデザイナーとして活躍したい方には圧倒的におすすめです。

 

ただ、安定した大企業でSEや社内SEといった職種をご希望の方には合わないかもしれません。

『Green』へはコチラからどうぞ

 

 

●医療機器・製薬業界『医療転職.com』

看護師・薬剤師と共に専門知識を要求される「医療機器・製薬業界」。

ここの業界に特化したサイトでおすすめなのが「医療転職.com」です。

 

運営母体がヘッドハンティング会社ということもあり、広告主である企業との関わりが密であり、ここにしか出てこない貴重な案件を掲載できるといえます。

『医療転職.com』へはコチラからどうぞ

 

 

●金融系『日経キャリアNET』

日経HR社が運営している「日経キャリアNET」は、金融系に強いと昔から言われている転職サイトです。

 

特に、金融・不動産の転職情報に特化した「日経キャリアNET金融」は、他の転職サイトにはない、ハイスペックな金融求人情報がたくさん掲載されています。

『日経キャリアNET』へはコチラからどうぞ

 

 

履歴書を書くときは『履歴書の書き方の記事』も参考にしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容


商品一覧