スポンサードリンク

アパレル勤務の友人が

「管理をすることになってエクセル(Excel)を使うことになったので、教えてくれ!」

と言ってきたので、なにを知りたいか聞いたら、

 

「なにが聞きたいかもわからない、エクセルを使って管理をしろって言われた」

 

とのこと。

 

丸投げしすぎだろその会社。。

誰でも知ってるハイブランドなのに現場はこんなもんなのか。

 

 

次にエクセルでなにがしたいかというのを聞いて、まとめた結果

 

・表をつくる

・計算する

 

というエクセルの超基礎だけど、結局一番使う部分だけができればとりあえず大丈夫そうだとわかった。

 

その友人のためにもここにまとめておきます。

 

これだけだったら全っ然難しくないです!

 

 

【使用環境】Mac OS 10.11.4 Excel 2011

※使用環境によって操作やボタンの呼び方が違うなど多少あるかもしれませんが、Windowsでも古いエクセルでも大体一緒なので、一緒に開きながら見てみてください。

 

 

エクセルの基礎用語

まずはエクセルで使う呼び名を図で紹介します。

 

呼び名

 

エクセルは行と列の座標で表します。

これもきちんと覚えなくて大丈夫。

 

「箱をセルっていうんだなー」って思ってすっ飛ばしてもOKです。

 

わからない言葉は後でその単語で検索をすればすぐにわかりますし、

その方が覚えます。

 

 

表を作ってみよう

では早速、表を作ってみましょう。

え?早くない?って思いました?パソコン上達の鍵はどんどん触ること

 

まずは、エクセルを開いて、新規作成をして、新しいファイルをつくってください。

これならどんだけ変にしても問題ないです。

 

では、図のように表にしたい項目を記入していってください。

とりあえず練習だと思って適当に書いてもいいです。

 

どこのセルから書き始めても大丈夫です。見やすいなーと思うとこに書いてみましょう。

 

スクリーンショット 2016-04-20 13.26.24

 

ここまで書いたら表っぽくしていきましょう。

 

全部を選択して、『罫線』のボタンから『格子』などで見栄えを良くしていきましょう。

 

画面サイズなどで『罫線』のボタンが出ていない時は、選択した範囲の上で右クリックを押して、

『セルの書式設定』から『罫線』のところで変更できます。

こっちの方が細かく設定できるので覚えておきましょう。

 

スクリーンショット 2016-04-20 13.40.06

 

やり直しも可能です。どんどん試してみましょう。

選択した範囲にその効果が出ることを覚えてください。

 

いい雰囲気にできたら、中の数字を入力してみましょう。

 

スクリーンショット 2016-04-20 13.49.04

 

できたら次は計算です!

 

 

計算式を入れる

数学が苦手だった方は計算式って言われただけで、イヤになっちゃうかもしれませんが、これも簡単!

スポンサードリンク

計算はエクセルが全部やってくれますからね。

 

やることは「こことここを足して、ここを引いて」って指示するだけです。

 

とりあえず「足し引き」だけ使えるようになって慣れてくれば後はどうにかなります。

 

まずは図を見てください。

 

2

 

これはすでに『計算式』を入力したので、計算がすんでいるところです。

 

ちなみにこの図の場合、

売上は「入ってくるお金」

それ以外は「出て行くお金」なので利益を出すには

出て行くお金を足して、入ってくるお金から引けばいいんですよね。

 

この図の計算式は

『=-sum(C5:C8)+C9』

 

 

まずは計算式の最初に『=(イコール)』。これ基本です。

『sum』はカッコの中を全部足すときに使います。

で、『()カッコ』で中の数字はセルを選択してもOK。

足したいところをドラッグして選択すると (C5:C8 こんな感じで入ります。

 

(C5:C8)は出て行くお金なので最初に『-マイナス』をつけたんです。

 

最後に売上(C9)を足したという数式です。

 

ちょっとやっかいな例題にしちゃったのを後悔していますが笑

 

ただ上から下まで足したいだけの表なら

『=sum(C5:C9)』

でOKです。

 

 

さ、ここからエクセルの本気見せます!

 

3

 

C10のセルを選択して、その右下に小さい四角ありますよね?

そこからズズズっと右にドラッグしてみてください。

 

あら不思議!

全部計算終わっちゃった!

 

エクセルが9月分まで計算してくれたと思います。

 

こういうことができるから便利なんですね。

簡単な経理くらいだったらExcelで十分管理できてしまいますよ!

 

どうでしょう?マスターできましたか?

 

 

私はやっぱり電卓でいい!という方のためにおしゃれな電卓を紹介しておきます

 


コメントを書く







コメント内容


商品一覧