スポンサードリンク

iPhone7の発表でましたね!

 

とうとう電子マネーが使えるようになるそうです!

 

やったね!

 

 

これでお財布忘れても『iPhoneピッ!』

 

で大丈夫です。

 

ではそんなSuicaについて書いていきます。

 

 

 

Suicaの使い方(基本編)

まずは基本的なSuicaの使い方をご紹介します。

 

Suicaを使うには、まずSuicaを購入する必要があります。

 

購入できるのはSuicaが使えるJR東日本の多機能券売機みどりの窓口です。

 

Suicaにチャージしたお金は電子マネーに変換され、JRの駅だけでなく一般の小売店やコンビニなどで利用できます。

 

チャージの仕方はいくつかあり、一番わかりやすいのが券売機でチャージ。

 

切符買うところでSuicaを入れて、現金を入れるだけ。あら簡単。

 

 

おサイフケータイ対応のandroid搭載のスマートフォンなら、登録したクレジットカードや銀行口座、通信キャリア決済サービス経由でSuicaにチャージすることができます。

 

 

またコンビニのNEWDAYSやセブン-イレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、イオン等の一部店舗では現金でSuicaに入金(チャージ)することができます。

 

 

新しく発表されたiPhone7のApplePayではSuicaやiD、QUICpayが使えるようになりました!

Apple PayでSuicaを使い始めるには、まずiPhone 7をあなたのSuicaカードかSuica定期券の上に置いてください。あなたのSuicaの残額やSuica定期券の情報がすばやく転送されます。これであなたのSuicaがiPhoneに入ったので、もうプラスチックのカードを持ち歩く必要はありません。

※アップル公式サイトより引用

だそうです。めちゃくちゃ簡単。

当然iPhoneからチャージもできちゃう。

 

 

 

Suicaの使い方(応用編)

次に、Suicaの使い方(応用編)を紹介します。

 

Suicaを使っているうちに今の残高がいくらなのか、さらに今までいくら使ったのか気になってくることありますよね?

 

そんなときは、ICマークのついた券売機に行けば確認ができます。

 

使った履歴については画面に表示されたものを確認したり、直近の50件までなら紙に印字することも可能です。

 

 

Suicaに入っている電子マネーはお金とほぼ同等なので紛失には気をつけているかと思いますが、万一紛失した際はSuicaの利用停止ができます。

 

チャージ残額も保証され、Suicaは再発行してもらえます。

 

 

その場合の手続きは駅の窓口に行き、公的な証明書を提示し、電話番号などを伝えます。

 

 

再発行には手数料510円と新しいSuicaのデポジット500円を支払います。

 

ただし、Suica購入時に個人情報を登録しないSuicaカードの場合は紛失再発行の手続きはできません。

 

 

ほかにもSuicaはカード型でなく携帯端末の中にバーチャルで持つことができます。

 

携帯端末を紛失したり故障してしまった場合でも再発行は可能です。

 

さらに、機種変更による引き継ぎもできますが、ショップ等での機種変更手続きの前にモバイルSuicaの手続きを行う必要があります。

 

 

また、Suicaはほかの電子マネーと同様にポイント制度があります。

 

Suicaポイントクラブに会員登録し、Suicaを使って買い物をすると利用金額に応じ自動的にポイントが貯まり、Suica電子マネーや提携企業のポイントに交換ができます。

 

交換はSuicaポイントクラブのサイトから操作して行います。

スポンサードリンク

 

提携各社のポイントに交換する方法もありますが、交換したい各社の会員登録など事前に手続きをしておきましょう。

 

 

 

Suicaのインターネットサービスを使ってみよう!

ここまでSuicaの利用方法について紹介してきました。

 

Suicaは駅や商店などのリアル環境で使用するのが一般的ですが、Suicaのインターネットサービスではネット上のお店でもお買い物ができます。

 

これはFeliCaポート/パソリを使うのが前提のサービスとなっています。

 

FeliCaポート/パソリは非接触型のICカードの読み書きができる機器です。

 

これにSuicaを近づけて決済をします。

 

FeliCaポート/パソリ(USBケーブル、Bluetooth対応型)は、家電量販店、一部のコンビニで販売しています。

 

また、パソコン内蔵型のFeliCaポート/パソリもあります。

 

Suicaの電子マネーをネットショッピングで使うには、ネット上の加盟店サイトで支払い方法をSuicaインターネットサービス決済にして支払い手続きをするだけです。

 

Suicaインターネットサービス決済の加盟店はアマゾン、楽天の一部店舗などが対応しています。

Suicaの公式HPはこちらからどうぞ

 

 

 

Suicaを入れるケースの決定版!これを知ったらこれ一択です!

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容


商品一覧